ミスターモーターマン

特徴 <ミスターモーターマンエコ>

m2_engine_TX_set_mo_eco.jpg(12394 byte)


1、電車の「単2電池」を「m2エンジンエコ(受信装置)」に交換するだけで臨場感あるリモコン運転が楽しめます。 m2_engine_set_eco.jpg(12394 byte)



m2エンジンエコを電車下部の電池ボックス部に図のようにセットします。 ※単2乾電池の(+)表示部側にm2エンジンの凸接点側をセットします。







2、ブレーキレバーとマスコンの複合操作で本格運転が楽しめます。

@電車の運転
マスコンを「N」、ブレーキレバーは「ブレーキ」にします。(電車が停止している状態です)
・ブレーキレバーを「B0(解除)」にします。(シューッと音がします)・マスコンを「N」から「P1」で発車、「P2」、「P3」で加速します。
・「P2」「P1」に戻すと減速し、「N」で惰性走行します。
・ブレーキレバーを「B1」にし、減速ブレーキをかけ、停止目標手前で「ブレーキ」にして、停止します。
・停止後、マスコンを「N」、ブレーキレバーを「B0(解除)」にし、バックボタンを押すとバック走行します。
レールがカーブしているところ、ポイントのところではバックさせると脱線することがあります。

Aリアルサウンド
・ブレーキレバーを解除「B0」にするとブレーキ解除音[シューッ]が鳴ります。
・ブレーキレバーが「ブレーキ」の位置で、停止のとき「ハッシャ」ボタンを押すと発車ベル[プルプル・・]が鳴ります。
・発射の時や駅、トンネル等通過時「ケイテキ」ボタンを押すと警笛音[フォーーン]が鳴ります。
・走行中「トーチャク」ボタンを押すと到着メロディが鳴ります。



3、「m2エンジンエコ」

@単4形電池2本使用(単4形充電式ニッケル水素電池使用可能)
A連続使用時間 約3時間(平坦レイアウト3両運転時)
B共通エンジン
「運転じょうずエコ」、「モーターマンエコ2」の両方で使用できます。
C自動運転停止機能
2分間の運転放置で電車は自動停止するエコ設計



4、自動運転停止機能解除

MM_4-tx_4.jpg(12394 byte)

運転放置したときの自動運転停止機能(2分間)を解除して連続に走行させるときにご利用ください。

コントローラーのバックボタンを押しながら、電源スイッチをONにすると自動運転停止機能が解除されます。







5、1年の品質保証製品です。

製品についてお気づきの点がございましたら、サポートセンターまでお電話または弊社HP[お問合せ]までお問合せください。
お買い求め月日、お店名、ご住所、電話番号、保護者の方とお子様のお名前、年齢も必ずお知らせください。

トップページ | 製品紹介 | 通信販売 | アンケート | お問い合わせ

All Rights Reserved,Copyright© 2008.BRAVE Co.,Ltd 各ページに掲載の写真・音声・CG及び記事の無断転載を禁じます。